※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

GRADO
MASTER3MONOLOW
MI型カートリッジ (低出力・モノラル) Master3 Master3-Mono-Low
【新世代のミッドレンジ向けシリーズとして、正確な信号伝送とウッド素材の音響的な優位性を兼ね備えたTimbreシリーズ Master3】
「ご注文時の状況によりお届けまでに平常時よりも長い期間を要する場合がございます。お急ぎの場合は営業担当者へお問い合わせください。」
通常価格 ¥110,000(税別)
JAN:4528114020517 
発売日 2020/09/18  お取り寄せ 
数量
【製品概要】
■Master3 特殊加工を施した硬化ハウジングを採用
『Reference3』と同様に、オーストラリア産のジャラ材へさらに硬度を上げるための独自処理を行います。
その工程による共振抑制とハウジングとしての精度の高い最適化は、Timbreシリーズの要として優れたサウンドを提供します。
人工ダイヤモンドを使用した楕円形の無垢針を、Prestigeシリーズと比べ5%の質量削減を実現した5ピースのOTLカンチレバーに搭載。
コイルには高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅を使用するなど、上位モデルに肉薄する贅沢な仕様となっています。

【製品特徴】
■深みを失わず正確な透明感を生み出す、オーストラリア産ジャラ材をハウジングに使用
※Master3:硬度を上げるための独自処理を実施

■全帯域で優れたバランスを実現する独自のFLUX-BRIDGER設計。
※特許取得済

■超高純度銅線を用いた4つのコイル間の調和により歪を最小限に抑制。

■L/Rバランスの最適化を実現するツインマグネットシステム。

■さらに軽量化を果たした独自のOTLカンチレバーにより共振を徹底的に排除。
※OTL:Optimized Transmission Line(最適化された伝送経路)
※Master3:5ピースタイプ

■人工ダイヤモンドを先端だけでなく全体に使用した独自の楕円形針(Master3)。

■ハンド・メイド・イン・ブルックリンによる確かな品質。

【技術説明】
■OTLカンチレバー
レコードの溝からカートリッジ内部の発電システムまで、理想的な信号伝送を可能にするOTL(Optimized Transmission Line)カンチレバーは、不要な共振を排除し、回路内で発生するノイズも抑制します。
■高度なコイル巻線技術による4コイルユニゾン
高純度のUHPLC(Ultra high purity long crystal)無酸素銅線を使用した高度なコイル巻線技術が可能にする、4つのコイル間の正確な調和により、歪を最小限に抑制しながら最適なL/Rバランスを実現。
正確なステレオイメージにより、ボーカルや楽器など再現性を最大限高めます。

■ツインマグネットシステム
4コイルユニゾンと共にL/R間のバランスを最適化し、正確なステレオイメージを実現するツインマグネット・システムは、 内部磁気回路のパーツを高精度で組み立てる事でその効果を最大限発揮します。

■FLUX-BRIDGER設計
発電システムでの駆動部となるカンチレバーの実効質量を最小レベルにする、独自のFLUX-BRIDGER設計により、全ての帯域で優れたサウンドバランスを実現します。

【製品仕様】
◆出力(高出力タイプ):4.0mV @5 CMV (45)
◆出力(低出力タイプ):1.0mV @5 CMV (45)
◆出力抵抗(高出力タイプ):660Ω
◆出力抵抗(低出力タイプ):70Ω
◆インタ゛クタンス(高出力タイプ):55mH
◆インタ゛クタンス(低出力タイプ):6mH
◆周波数特性:10Hz-60,000Hz
◆チャンネルセハ゜レーション:30dB (10kHz?30kHz)
◆適合負荷:10k-47kΩ
◆形式:MI型(MM型相当)
◆適合針圧:1.6-1.9g
◆筐体:ジャラ材
◆カンチレハ゛ー/針先:ボロン/楕円形タ゛イヤモント゛
◆コンフ゜ライアンス:20μm/mN
◆重量:10g

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
仕様1 MI型は、MC(ムービングコイル)型やMM(ムービングマグネット)型と異なり、カンチレバーに搭載した磁性体の金属を動かすことで発電を行う方式であり、MM型の派生と位置づけられています。