カテゴリから選ぶ


  ※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

ソニー SONY
HTX8500
ホームシアター (サウンドバー) DolbyAtmos対応 HT-X8500 [2.1 /Bluetooth対応]
これ1本で3次元の立体音響を臨場感あるサウンドで楽しめる。「Dolby Atmos」「DTS:X」対応サウンドバー
通常価格 ¥39,880(税別)
JAN:4548736089501 
発売日 2019/04/18  在庫状況 在庫あり 
数量
これ1本で3次元の立体音響を臨場感あるサウンドで楽しめる。「Dolby Atmos」「DTS:X」対応サウンドバー

●ドルビーアトモス/DTS:Xに対応
●サブウーファー内蔵 コンパクトな1本バータイプ
●迫力の重低音再生 デュアルサブウーファー搭載
●3次元の立体的な音響を創出
  Vertical Surround Engine搭載
●eARC対応


お手軽サウンドバーに革命を起こす高コスパモデル

シンプルな“一本バー”構成で、家族のリビングシアターにピッタリなソニー「HT-X8500」。このサイズや価格でありながら、三次元立体音響「Dolby Atmos」対応など気合の入ったモデルだ。

試した感想を少し言ってしまうと、三次元立体音響の再現能力、音の広がり感に、ズバ抜けて素晴らしい表現力があった。では実際に体験してみよう。

まずテレビ番組で確認すると、音の定位に驚いた。画面の高さから声が出ているように聴こえ、広がるような立体感でサウンドが展開される。出演者の声も自然に聴けるし、テレビ内蔵スピーカーと比べてかなり聴き取りやすい。

続いてDolby Atmosで三次元立体音響を体験。『レディ・プレイヤー1』では飛び交うドローンの立体感などを、画面サイズ以上の広さで演出する。レース場面ではエンジン音やクラッシュ音など、縦横無尽の音を巧みに再現し、眼前の小さな本体から再生しているとは思えないスケール感だ。

比較的手頃な価格で設置しやすいコンパクトさを実現しながら、超一流の圧倒的な表現力。HT-X8500はお手軽サウンドバーにサラウンド性能の革命を起こすハイコスパモデルと言える。

文:折原一也

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
入出力端子 HDMI、光デジタル、USB
本体サイズ(H×W×D) 64mm × 890mm × 96mm
消費電力 32W
付属品 リモコン、HDMIケーブル、ACアダプター、壁掛けテンプレート、クイックセットアップガイド、取扱説明書
実用最大出力 160W