カテゴリから選ぶ


  ※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

ハイセンス Hisense
65U7E
65U7E 液晶テレビ [65V型 /4K対応 /BS・CS 4Kチューナー内蔵]
65インチULED BS/CS 4Kチューナー内蔵・レグザエンジン NEOplus 搭載モデル
「リアルな色彩、滑らかな動き。いざ、スポーツ映像の極致へ。」
通常価格 ¥178,000(税別)
JAN:4580341983447 
発売日 2019年3月上旬  在庫状況 お取り寄せ 
数量
・レグザエンジンNEO plus 搭載
・「ウルトラLED/バックライトLCD」技術
■ハイセンス独自の「ウルトラLED/バックライトLCD」技術が これまでにない高彩度、広色域を表現するだけでは無く、きめ細やかな 明暗表現を実現
・ゲームモード
■「ゲームモード」は、画像処理を圧縮する事で、ボタンを押してから反応までの 時間を短くすることが出来ます。FPSや格闘ゲームなどに最適。


さらに進化した “日本基準画質” 4Kチューナー搭載ULEDテレビ

新4K衛星放送チューナー搭載液晶テレビ「A6800」の上位モデルとして「U7Eシリーズ」が発表された。特徴はハイセンス独自の映像技術「ULED」と、傘下の東芝映像ソリューションによる映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」という、両社の最上級のテレビ技術を搭載していることだ。

早速画質をチェックしよう。デフォルト設定「あざやか」で地デジを見ると、画面は明るく、まさに鮮やか。色温度が高く、特にハイライト部のエンハンスをハッキリと出していく。また超解像処理によって、人肌の質感やスーツ生地の質感も現れた。テロップのノイズ処理もキレイに処理するのもさすがだ。

新4K衛星放送の番組も鑑賞したが、やはり画面全体の立体感、色情報の正確さも素晴らしく良い。「スポーツ」「倍速」「ゲーム」モードの搭載も特徴だ。サウンドも人の声や音空間の広がりも良く出ていてクリアネスも問題ナシと、4K液晶テレビの上位機種らしい機能が一通り揃っている。

A6800から画質性能を大幅に上げつつも、財布に優しいのがハイセンス流。4K液晶テレビのなかで、ハイコスパの選択肢として注目モデルだ。

文:折原一也

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
スタンド含む本体サイズ(幅×高さ×奥行)mm 145.0×92.4×35.4
スタンド含む重量(kg) 30
画面サイズ 65V型
入力端子 ビデオ入力端子×1、HDMI端子×4
出力端子 光デジタル音声端子×1、ヘッドホン出力端子×1
その他端子 USB×2(USB2.0対応×1、USB3.0対応×1)
LAN LAN端子×1
BS 4K・110度CS 4Kチューナー
地上デジタルチューナー 3
BS・CSデジタルチューナー 3
消費電力 200W
省エネ基準達成率 270%
年間消費電力量 122KWh