カテゴリから選ぶ


  ※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

AKG
N20NCBLK
ノイズキャンセリングイヤホン N20NC AKGN20NCBLK
軽量コンパクトなハウジングにハイブリッド式ノイズキャンセル機能を搭載し、高性能な消音パフォーマンスを実現
通常価格 ¥13,870(税別)
JAN:4968929024568 
発売日 2017/06/17  在庫状況 お取り寄せ 
数量



AKG「N20NC」は、「ノイズキャンセリング(NC)イヤホンが気になってる」という方にぜひ紹介したい。

AKG製品の中でも、無駄の無いシンプルなデザインに、ドライバー構成もダイナミック一発、これぞベーシック! と言える「N20」をベースに、定評ある同社のNC技術を融合させたモデルだ。

NCに必要な低域再生能力の確保のためか、ドライバーは大型化しているが、本体はN20とあまり変わらないコンパクトさに収め、快適な装着感を維持しているのが見事。さらに、N20と比べても違和感のない音になるようチューニングしているというから恐れ入る。

テストではまず、電車移動の際にNCから確認した。NCの効かせ方は主に低域の騒音を抑えるタイプ。静かな曲を聴いている時や音楽再生をしていない時にNC機能をオン/オフすると、車内全体に響き唸る走行音と空調稼動音が合わさった騒音が、「ゴゴゴゴォォオッ!!」というジョジョ的な迫力の音から「ゴー」という軽く淡白なものに変化することをわかりやすく確認できた。

電車内も含め、屋外で音楽リスニングの邪魔をしてくる騒音は低域にあることが多い。そこを重点的にNCしつつ、さらに再生音側でも低域を強めて迎え撃ってくれるわけだ。

音質チェックは室内にて行った。やはりベースやドラムスなど低音楽器のボリューム感は少しプッシュされているが過剰ではなく、落ち着いた高域と合わせてAKGらしいサウンドを維持した上での“屋外向けチューニング”という印象だ。

豊崎愛生「ハニーアンドループス」は、重心の低いベースがグルーヴのポイントだが、ボーカルに対して目立ちすぎないようにしているのかミックスは控えめ。本機はそのベースをしっかり拾い上げてどっしりとした存在感で届けてくれる。それでいて低重心は維持して沈み込んでいるのでボーカルの邪魔にはならない。このあたりの巧みさはさすがAKGで、単なる重低音強調になっていないことは特筆したい。

NCで騒音を低減したからこそ、穏やかで聴き疲れないサウンドが屋外でも綺麗に届いてくる。このコンビネーションもおそらくは計算されたものだろう。実売22,000円ほどの製品だが、価格に見合う性能を備えている。

ただでさえ疲れる通勤通学、せめて騒音からは逃れて音楽で癒されたい。再三触れている装着性の良さも含め、そんな気持ちに寄り添ってくれるイヤホンだ。

文:高橋 敦

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
本体重量 40g
感度 96dB/mW
再生周波数帯域 12Hz 〜 22kHz
インピーダンス 16Ω
リモコン・マイク リモコン・マイク対応
BluetoothのClass イヤチップ(XS、S、M、L)※Mサイズ装着済 専用キャリングケース、フライトアダプタ、充電用USBケーブル、クリーニングツール