カテゴリから選ぶ


  ※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

バップ
フチニタツ
淵に立つ 【DVD】
あの男が現れるまで、私たちは家族だった。圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す、2016年最大の衝撃!
通常価格 ¥3,410(税別)
JAN:4988021145916 
発売日 2017/05/03  残りわずか 
数量
あの男が現れるまで、私たちは家族だった。
圧倒的な人間描写で“家族”を問い直す、2016年最大の衝撃!

【ストーリー】
郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、
夫・利雄(古舘寛治)、妻・章江(筒井真理子)、10歳の娘・蛍(篠川桃音)の三人家族。
平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、
最近まで服役していた八坂草太郎(浅野忠信)が現れる。
利雄は章江に断りなくその場で八坂を雇い入れ、自宅の空き部屋を提供する。
章江は突然の出来事に戸惑うが、礼儀正しく、
蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。
だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。

8年後。
八坂の行方は知れず、利雄は興信所に調べさせているが、一向に手がかりはつかめない。
工場では古株の従業員・設楽篤(三浦貴大)が辞めることになり、
代わりに山上孝司(太賀)が新人として入ってくる。
母を亡くして独り身の孝司は屈託のない人柄でたちまち夫婦の信頼を得る。
だが皮肉な巡り合わせにより、八坂の消息をつかめそうになった時、
利雄と章江は再び己の心の闇と対峙することになる――。

【音声・映像特典】
■オーディオコメンタリー(浅野忠信・筒井真理子・古舘寛治・深田晃司監督)
■予告編

【封入特典】
■ブックレット


(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
型番 VPBT-14591
ジャンル ドラマ
出演 浅野忠信/筒井真理子/古舘寛治/太賀/篠川桃音/三浦貴大/真広佳奈
監督 深田晃司
時間 約119分
ディスク枚数 1枚
メディア DVD
制作国 日本
公開年 2016年