※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

ラックスマン
LX380
真空管プリメインアンプ LX-380 [真空管]
出力管に6L6GCをプッシュプル構成で採用。電子制御アッテネーター LECUAを搭載した、木箱ケース入り真空管プリメインアンプ
「ご注文時の状況によりお届けまでに平常時よりも長い期間を要する場合がございます。お急ぎの場合は営業担当者へお問い合わせください。」
通常価格 ¥437,000(税別)
JAN:4958136000523 
発売日 2016/10/25  お取り寄せ 
数量

延長保証対象商品  ご加入は購入時のみとなります!お忘れなく!
加入 プラン/期間 購入時(税別)
自然故障 保証3年(家電) ¥34,960
自然故障 保証5年(家電) ¥43,700
自然故障+物損 保証3年(家電) ¥43,700
自然故障+物損 保証5年(家電) ¥56,810
加入しない -

■電気回路、機能
・出力管にエレクトロ・ハーモニクス社製6L6GC(固定バイアス)のプッシュプル構成を採用した20W+20W(6Ω)の定格出力。
・回路方式には、実績のあるムラード型のドライバー段とビーム管接続のファイナル段を採用。
・88 ステップのスムーズなボリューム操作を実現した、電子制御音量調節アッテネーターLECUAを真空管アンプ製品に初搭載。
・真空管パワーアンプ回路の前段となるプリアンプ回路には、プリメインアンプ・シリーズ(L-590AXなど)で実績のある高音質・半導体回路を搭載。
・専用のフォノアンプを買い足すことなく、ハイグレードなアナログレコード再生を楽しめる半導体構成のMM/MC対応フォノアンプ回路を内蔵。
・アナログレコードの反りによるウーハーのふらつきを抑えるサブソニック・スイッチと、モノラルレコード再生時に便利なモノラル・スイッチを装備。
・細かな音質調節が可能なターンオーバー周波数3 段階切り替えの電子制御式トーンコントロール機能(バス/トレブル)を装備。
・人の聴感特性に合わせて適度に低域と高域を補正する音量連動式のラウドネス機能を装備。
・パワーアンプを追加したバイアンプ構成やAVシステムとの共存を可能にするプリ/パワー回路の分離機能、セパレート・スイッチを装備。

■機構、付属装置
・16mmのMDFにナチュラルな突き板仕上げを施した、伝統的な高剛性・ロ(ろ)の字型木箱ケースとフルファンクションのノブレイアウトを採用。
・コンポーネントとしての存在感ある佇まいを実現した横幅440mmのフルサイズボディ。
・大型のプラグを装着した高性能なラインケーブルにも対応する18mmピッチ金メッキ仕上げのRCA端子。
・極太のスピーカーケーブルも装着しやすく、Yラグやバナナ端子にも対応したインライン(LR同一特性)レイアウトのスピーカー端子(A/B 2 系統)。
・外付け電源ケーブルの装着を可能にする金メッキと非磁性処理を施したACインレット。
・リスニングポジションからの音量操作を可能にするアルミ製リモコンを付属(対応するラックスマン・デジタルプレーヤー製品の再生操作も可能)。


かつて「SQ-38」シリーズで一世を風靡したことから、“38”という数字はラックスマンのエースナンバーとされている。「LX-380」は、その38を背負った真空管プリメインアンプだ。

プリアンプ部の音量調整回路に注目。この部分は同社の真空管式機として初めて電子式のLECUAを採用。トーンコントロールはバスとトレブルの2系統だが、両者とも3つのターンオーバー周波数が選択できる。これはかなり効果的で、部屋の音響特性をある程度コントロールできる可能性が高い。ラウドネススイッチもあるので深夜のリスニングも安心して行える。もちろん、これらをパスするラインストレートのスイッチも装備。さらにはMM/MC対応のフォノイコライザーも搭載する。

パワーアンプの終段真空管は6L6GCのプッシュプルだ。出力は18W×2(8Ω)。かなり控えめな数字だが、長期にわたる使用を前提に無理のない設計をした結果がこの数値だという。

いかにも真空管アンプらしい音だ。ホンワカした柔らかい音を想像しがちだが、そうではない。おろしたてのドレスシャツのようなバリッとしていて、音に張りがあって、音の質感に威厳のようなものがある。これが真空管アンプ本来の音である。

だが、昔の真空管アンプとは異なった一面もある。それは聴感上のS/Nの良さだ。これはLECUAの恩恵であろう。音場は清潔で程よく広く、音楽を安心して楽しめる。音楽的には楽曲・演奏に積極的に介入するタイプで、ディテールをデフォルメしたりボカしたりするのだが、それが決して不快ではない。

ジャズは真空管式機ならではの味わいだ。スピーカーがアンプのアウトプット・トランスにつながっているので、逆起電力による低音の空振り現象がなく、音楽の支えがきっちりとしている。トランスがあることによる帯域制限感はたしかにあるのだが、そのぶん音楽を濃密に味わうことができる。また、真空管式であるがゆえにトランジェント感が良好で聴感上の分解能が高い。

ヴォーカルは標準的な声質の歌手でもラックスマン特有の色気が乗るので楽しく聴ける。これはもうラックスマンならではの「藝(わざ)」というやつだ。クラシックは弦の艶やかさが印象的だった。音楽的な客観性は希薄で、ある程度情報の取捨選択をするのだが、それが感動につながる。長期にわたって付き合える、音楽性の高いモデルである。

文:石原 俊

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
\460,000
仕様 定格出力:20W+20W(6Ω) 、18W+18W(8Ω)、14W+14W(4Ω) 入力、録音入出力、セパレート入出力:ライン4系統、フォノ1系統(MM/MC切替)、録音入出力1系統、セパレート入出力1系統 スピーカー出力:A、B2系統 (AB同時出力可能) 増幅回路、出力構成、使用真空管:ムラード回路+ビーム管接続、プッシュプル、6L6GC×4本、ECC82×3本 入力感度/入力インピーダンス:PHONO(MM): 3.0mV/47kΩ、PHONO(MC): 0.38mV/100Ω、LINE: 180mV/47kΩ 全高調波歪率:1%以下(1kHz、20W / 6Ω) S/N比(IHF-A)/周波数特性:ライン: 95dB以上(ラインストレート・オン)/20Hz〜80kHz(+0、-3.0dB) 【付属装置】 [フロントパネル部] 電源スイッチ、音量ボリューム、入力セレクター、スピーカー・セレクター(OFF/A/B/A+B) LR バランス・ボリューム、カートリッジセレクター(MM/MC) 、セパレート・スイッチ トーンコントロール(BASS/TREBLE)、ターンオーバー切り替え、ラインストレート・スイッチ、サブソニック・スイッチ ラウドネス・スイッチ、モノラル・スイッチ、モニター・スイッチ、ヘッドフォンジャック [リアパネル部] 入出力端子、スピーカー端子、シグナルグラウンド端子、AC インレット 消費電力:116W (電気用品安全法) 外形寸法/重量:440 (W)×197 (H)×403(D:前面ノブ25mm、背面端子28mm含む) mm/17.6kg(本体) 付属品:リモコン(RA-25)、電源ケーブル(JPA-10000:極性マーク付)