東芝 TOSHIBA
内蔵HDD SATA接続 MG10Fシリーズ MG10AFA22TE [22TB /3.5インチ]
MG10AFA22TE
・記憶容量:22TB
・CMR(従来型磁気記録)方式。
・ディスク10枚搭載のヘリウム充填HDD。
・業界標準の3.5型、高さ26.1 mmのフォームファクター。
・7200 rpmのディスク回転スピード。
・TCO削減に寄与する電力消費効率。
・ワークロードは年間550TB。
・突然の電源喪失によるデータ損失の防止に向けた東芝社「パーシステントライトキャッシュ」技術。
通常価格 ¥68,910(税別)
JAN:4582353602958 
発売日 2024/03/08 
在庫少 

 数量

MG10F シリーズ
MG10F シリーズはCMR(従来型磁気記録)方式で最大記憶容量22 TBの業界標準3.5型フォームファクタのHDDです。ディスク10枚を搭載するヘリウム充填型を採用し、回転数7200 rpmとワークロード年間550 TBのパフォーマンスを備える製品です。さらに従来システムでの置き換えにも適しており、クラウドスケールのストレージインフラストラクチャーの設置面積や運用負荷削減に寄与します。また、MG10Fはファイル、オブジェクト、およびブロックストレージなどの、ビジネスクリティカルなサーバーおよびストレージシステムへの利用に適しています。MG10F シリーズは、高い信頼性とともに、ストレージ容量と互換性を提供します。

■Key Features
・記憶容量 22/20 TB
・CMR(従来型磁気記録)方式
・ディスク10枚搭載のヘリウム充填HDD
・業界標準の3.5型、高さ26.1 mmのフォームファクター
・7,200 rpmのディスク回転スピード
・TCO削減に寄与する電力消費効率
・ワークロードは年間550 TB
・突然の電源喪失によるデータ損失の防止に向けた東芝社「パーシステントライトキャッシュ」技術

■Applications
・クラウドスケールサーバーやストレージインフラストラクチャ
・ハイブリッドクラウドやプライベートクラウド用の階層型オブジェクトストレージ
・スケールアウトファイル/オブジェクトストレージインフラストラクチャー
・分散型ファイルシステム
・OLTP(オンライントランザクション処理)やHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)のアプリケーション
・高容量RAIDストレージ
・エンタープライズバックアップリカバリーソリューション
・データ保存やコンプライアンスデータのアーカイブシステム
・データ解析システム
・集中監視システム

詳しくは以下のサイトもご参照ください。 ※外部サイトへリンクします。
メーカーサイト:こちらをクリック   
商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
本体重量 約 720g
容量 22TB
最大記憶容量 22TB
仕様1 [インターフェース]SATA-3.3
[フォーマット]512e
[タイプ]Standard
[フォームファクター]3.5型
[バッファーサイズ]512 MiB
[ディスク回転数]7200 rpm
[最大連続データ転送速度(Sustained)(Typ.)]271MiB/s
[消費電力(Idle-A)(Typ.)]4.35W
[MTTF/MTBF(AFR)]2 500 000 h(0.35%)
シルバー
メーカー保証年数 1年