カテゴリから選ぶ


  ※ 表記の価格は法人専用価格です。店舗等と違う場合があります。
  ※ 表記の在庫状況は目安です。納期に関しては、ご依頼後にご案内させていただきます。
  ※ 設置・リサイクル等、別途料金が必要となる事があります。
  ※ 予告無く、売り切れ・販売終了となる場合がございます。
  ※ 受注生産品や小規模メーカー品、少量生産品等は、
      発注時まで納期が確定しない、納期が未定となる場合があります。ご了承ください。

AMBIE
AMBT01GC
ブルートゥース イヤーカフ イヤホン ambie Cactus Green AMBT01GC [リモコン・マイク対応 /ワイヤレス(ネックバンド) /Bluetooth]
お客様の声を反映し、イヤーピースを外れにくい仕様にしました。
通常価格 ¥11,782(税別)
JAN:4589422120030 
発売日 2018/04/05  お取り寄せ 
数量
お客様の声を反映し、イヤーピースを外れにくい仕様にしました。
※イヤーピースを製品本体と接着していますが、製品に無理な力が加わり、製品が割れる前には外れる仕様です。

■首にフィットする軽量ネックバンド、一日中つけっぱなしでも気にならない

■耳を塞がないため周りの音や声を聞き取れ、会話もできる

■鼓膜への負担が少なく長時間使用しても疲れにくい

■汗がたまりにくく蒸れにくい

■日常からアクティビティまで、あらゆるシーンに溶け込むデザイン

■コード擦れによるタッチノイズや、自分の呼吸がこもって聞こえる不快感を防ぐことができる

■ソニーの音響技術を活かした高感度ドライバーユニットによる音響性能


ambieの “耳を塞がないイヤホン” にワイヤレスモデル「ambie wireless earcuffs」(AM-BT01)が登場した。

ambie sound earcuffsは、いわば「究極のオープン型イヤホン」だ。装着方法はクリップのような形の本体で耳を挟み込む。アクセサリーの “イヤーカフ” に似せたデザインだ。リスニング感はとても変わっていて、耳穴を塞がないので当然周囲の音が普通に飛び込んでくる状態で、本体から再生される音は、あたかもBGMのように “聞こえてくる” 感覚だ。

ambie開発エンジニアにチューニングの方向性を訊ねたところ、「外の音も自然に聞こえるようチューニングしている。外の環境音に混ざって減衰しがちな低音や高音は無理に増幅せず、中音域の明瞭度を重視した」と説明してくれた。

ambie wireless earcuffsはネックバンド型。イヤホン部の機構やデザインは有線版と一緒で、見た目は変わらない。変更部分は、有線版はノズル先端に取り付けるイヤーピースが取り外せたが、ユーザーから「なくしやすい」という声が寄せられたため、本機では固定式とした。

リモコンは両側のバンド部分に搭載。音楽再生やハンズフリー通話の操作ができる。シリコン製のバンドが柔らかく、操作しやすいポジションに引き寄せてからボタンが押せる。また、くしゃっと丸めてバッグやポケットの中に入れて持ち歩くこともできる。

有線版から、開放感あふれる音楽リスニング体験をそのまま踏襲している。ボーカルの明瞭度が高く、歌ものの楽曲が好みという方は楽しく聴ける。静かな環境でデスクワークに集中しながら、インスト系音楽をBGMっぽく聴く使い方にもよくハマる。

有線版に比べると若干低音の量感がアップし、中低域の繋がりが良くなっていると感じた。静かな環境で楽しむぶんには低いリズム音もしっかり響いてくる手応えが得られる。ポップスやEDMの楽曲を聴きながら楽しむジョギングも、より軽快にステップを運べた。タッチノイズが発生しないのも嬉しい。

いつも身に着けていたくなるほど装着感がとても良いので、アウトドアで使う機会も多いと思う。この独自の開放的なリスニング感がこの価格で楽しめることを素直に喜びたい。

文:山本 敦

※AV/オーディオ/ガジェット情報サイト「PHILE WEB」所収記事を短くまとめたものです。

商品スペック
メーカー希望
小売り価格(税別)
オープン
本体サイズ(H×W×D) mm 15(縦)×720×7
その他サイズ 1(H×W×D) mm 本体ネック部分(375mm)
本体重量 約27g
タイプ(ヘッドフォン・イヤホン) インナーイヤー型
リモコン・マイク リモコン・マイク対応
マイク機能
機能 ワイヤレス(ネックバンド)
Bluetooth Bluetooth対応
付属品 microUSBケーブル、取扱説明書



カラーバリエーション
※一緒にカートに入れる商品にチェックを入れてください。
画像
同時注文

画像
同時注文

画像
同時注文

画像
同時注文

画像
同時注文